忍者ブログ
心に移りゆくよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば、あやしうこそものぐるほしけれ。(徒然草)
<< 05  2017/06  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30    07 >>
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんばんは。紫遠です。


社会人になって1週間です。

私の会社は、基本的に休みが日曜と月曜なのですが、
明後日の月曜日に予定があるため、今日が振替休日でした。
1日だけでもゆっくり過ごせると、気分が全然違いますね。落ち着く。




さて。
この1週間、どんな感じだったか書いてみようと思います。



私が入社したのは大手食品会社の子会社で、食品原料メーカーです。
子会社というのが一般的にどんな感じなのかよくわからないのですが、
うちの会社の場合、本当に親会社の一部って感じです。
よく工場見学なんか開催するうちの親会社ですが、
その工場見学ルートの原料加工部分はうちの会社ですしwww

で、2日に入社式があり、社長や先輩からお言葉を賜り、
また、どうしようどうしようと悩んでいた代表スピーチですが、なんとかこなし、
入社式後から3日にかけて、2日間の座学な研修を受けました。
基本的なことではあるのですが、なかなか覚えることも多く、ちょっと大変でした。

4日から昨日にかけては現場での研修でした。現場研修は今年1年間続きます。
新卒の同期が私以外に女の子2人いるんですが、
それぞれ違う場所の担当になり、1年間かけてローテーションします。
私が今担当しているところも、他の子がいるところも、
なかなか力作業だったり体力勝負だったり、機械とお仕事するので大変です。
筋肉痛はデフォです。でもこれは内定式のときに先輩から言われてたので覚悟の上ですがwww

そんな現場なので、社員さんよりパートさんのほうが圧倒的に多いです。
おばさま方、まじプロです。すごいです。なにがすごいって全部すごいです。
多分いずれ現場管理とかし始めても、私はあのおばさま方に頭上がらないと思います。

おばさま方はすごく私のことを可愛がってくれます。
近い年齢同士だと人間関係もいろいろあるのでしょうけれど、
さすがに親子並みに歳が離れた間柄だと、そんな人間関係の問題も少ないのかもしれないです。
「世話焼きたがりが多いからしつこいわよ」とか笑って言われましたが、それがありがたいです。
あとは私の力量次第でしょうけど。仕事って意味でも、人との関わり方にしても。
なんとかうまくやっていければいいな、と思います。


まだ1週間も経っていないので、なんともいえない部分はありますが、
今のところ、会社は自分に合ってる感じがして、長く勤められそうな気がします。
子会社や中小企業は負け組と言われますが、私にとっては当たりくじだったのかもしれません。
これから毎日、頑張っていきたいです。うし。



仕事が始まって、毎日早寝早起きです。ちょっと大変です。
朝は6時半までには絶対起きます。朝食とって化粧して着替えてゴミ出ししてとかあるので。
7時20分頃に部屋を出ます。もっと遅くてもいいのですが、道が混むので早めに。
あと焦ると、慣れない運転の中なので事故を起こすリスクも高くなりそうなので。余裕をもって。
職場で着替え終わってぼけーっとする時間がだいぶありますが、まあこれはこれでいいかと。

疲れて帰ってきて夕食になりますが、料理なんてする気力はありません。
なので入社式前にあらかじめ、ご飯のまとめ炊き、おかずのまとめ作りをして冷凍しておいたので、
それを1食ずつ解凍しては食べるようにしています。
なので毎週、休みのたびにもりもり料理することになるかと思われます。
・・・こんなしっかりした生活、いつまでもつだろうかwww

帰ってきてすぐ夕食ーと思うと、定時だとちょうどrkrnアニメの時間ぐらいですね。
毎週ばっちり録画予約してはあるのですが、今週結構リアルタイムで見れてますwww

ああそうそう、会社の昼食は食堂で食べます。
かなりしっかりした定食です。ご飯、味噌汁、主菜、副菜、サラダにフルーツまでつきます。
それでいて一食320円は安いです。大学の学食涙目です。うまうまです。ちょい味濃い目ですが。
ちなみにAランチとBランチがあります。それ知ったとき吹き出したのは秘密です。rkrn的な意味で。
食堂での食事はすべて給料天引きです。その場で現金使わなくていいので楽ですね。





えっと、こんな感じでしょうか。


さっそく6月に社員旅行があります。1泊でおいしいもの食べたり遊んだりしてきます。
同期の子とももっと仲良くなりたいし、先輩方や他の社員さんたちとも知り合いたいですね。
いい機会なので、楽しみに頑張っていきたいと思います。


あと冒頭でもちょっと書いたんですが、来週は月曜から2泊3日の新人研修があります。
東京にある親会社本社にて、ビジネスマナーとかそういうのを学んできます。
同期の子たちとはグループが違うので、なんだかどきどきです。不安だけど頑張ろう。











それではお休みなさい。

今日書店で手話の本を買ってみたので、ぼちぼち覚えていきたいと思います。
・・・って、手話が必要な話ってここではしてないんですよね。まぁいっか。

拍手

PR
こんばんは。紫遠です。


4月になりました。

ついに学生ではなくなりました。
社会人になりました。
別に卒業式に参加したわけでもないし、実感もわかないのですがねwww

周りへ甘えられる「こども」から、多くの責任を抱える「おとな」になるということは、
怖い、不安、そんな暗い感情がぐるぐるしてすっごく気が重いんですが、
歳を重ねてしまった以上、越えなければならない壁だと思い、気を引き締めていきたいと思います。


既に社会人としてもりもり働いているテロテを追いかけて。
スージー、エリー、伊月と一緒に、社会人スタートを迎えたいと思います。
私も頑張る。みんな頑張ろう。

大学の方々も、新しい生活がスタートだと思うので、その新生活に幸多きことを願ってます。







明日はついに入社式です。

とりあえずいきなり車で行くわけにはいかないので、明日は電車で遠回りして行きます。
いろいろ書類を持っていかなきゃなので、忘れないようにしないと。
あと、ぐりにちょっと書いたんですが、新入社員代表のスピーチも任されてしまったので、
緊張で変なこと言わないように気をつけて、会社でのスタートをなんとかきりたいと思います。

ぬおおおおお緊張してきた。胃が痛い。
今夜眠れるだろうか・・・











それではお休みなさい。

がんばって、「おとな」になろう。

拍手

こんばんは。紫遠です。

ずいぶんとお久しぶりになってしまいました。

とりあえず無事に引越しを終え、しばしの実家生活の後に、現在新居でのんびりしています。
まだまだ住み慣れないので戸惑うことも多いですが、
これからしばらくの私の城です。徐々に慣れていきたいと思います。
来週にはさっそく伊月とエリーが遊びに来てくれるようなので、どきどきしてます。楽しみだ。

新居生活は、自分の車で何かと移動できるので、静岡での生活に比べたらずいぶん楽になりました。
自転車もあるので、移動はうまく使い分けていきたいと思いますし。
とにかく車の運転はまだまだ苦手なので、事故だけは起こさないよう気をつけていきたいです・・・











で、今回の更新は、あまりにも新居生活が暇なので、
最近がっつりハマってしまった、rkrnについて語ろうと思います。

腐発言全開、下ネタ全開なので、苦手な方はこの先絶対見ないでください。ブラウザバック!












よろしいですか?










えっと、なんだか好きなカプがありすぎて自分でももうフィーバーしまくりなので、
自分が思うカプの理想というか、まあ、思うところを書いていきたいと思います。
うん、ただ書き連ねるだけです。


<こへたき>
1番好きです。なんでか好きです。毎日ぴくしぶで見てます。
私が小さい頃見てたときの記憶で、先輩ってのはたきしか覚えてなかったんですが、
しかもその記憶の中のたきって、なんか自分大好きうぜーだったんですが、
こへという暴君の登場によって、その自分大好きーが上塗りされてしまって、
あれ、たきって意外と苦労人?意外とかわいいぞ、となって、まぁ、こへたきいいよね、となったわけです。
たきは自分大好き通常運転なんですが、こへはそれを知ってるし受け入れた上で、
たきが愛おしくて仕方ない、常にそばに置いておきたいと思ってればいいと思います。
たきも暴君に振り回されるのがまんざらじゃないといいなって思ってます。
たきは見かけの割りに鍛えてるし頑丈で、多少いけどんされても平気。そこがこへの好きポイント。
だからにゃんにゃんするときも、多少こへが暴走してもたきは何とか耐えられるんじゃなかろうか。
六年ズはなんでたきがこへになついたのか理解できてないと思う。ていうか私もよくわからん正直。
あと卒業後とかあまり考えてないのもアリ。学園だけの関係とかね。
でもやっぱり卒業後はお互い忘れられなくて、ただただ想い続けてればいいと思う。
・・・っていうか体育親子が好きです。父母息子3人で。体育まじ可愛い。

<こへたき←次>
息子は母に恋をした。ライバルは父。
方向音痴の面倒見てくれる、自分を決して見捨てたりしないっていうたきの優しさとか、
先輩への憧れとか、そういうのひっくるめて、たきに想いをはせてればいい。
こへのいないところで押し倒そうとして、たきに説得されて手が出せなかったり、
でもやっぱり諦め切れなくて、堂々とこへと火花散らしてればいいと思う。
勝てないのはわかってるし自分に気持ちが向かないこともわかってるけど、
一縷の望みのために、次は今日もたきにおせっかいを焼いてもらうのです。
あとの息子2人は天使なので、よくわからないままあわあわしてればいいと思う。

<こへたき←綾>
勉強見てくれたり、穴ほりに夢中になって夜遅くなったら迎えにきてくれたり、
泥だらけの自分を洗ってくれたり、常にたきからの優しさを受けて、
その優しさがすべて自分に向けられればいいのにと綾は思ってればいいと思う。
たきがこへに夢中なのも、こへに対して嬉しさや悩んだりを同じ部屋で見てて、
たきの想いも重々承知だけど、やっぱり綾は諦め切れなければいいと思う。
部屋は2人だけのもの。こへには絶対踏み入らせない。こへに勝てないのはわかってるから。

<もんせん>
同じ部屋なかぷ。王道。
互いに常に一緒にいるから、一緒にいて当たり前、もはや熟年夫婦みたいな感じです。
目立ったいちゃいちゃもしないし、恋人というよりパートナー。相棒。でも恋人。
互いを知り尽くして、一緒が当然になりすぎたせいで、卒業後は多分お互いに崩壊する。
一緒が当然は、互いへの依存でもあり、それを失った途端に生きていけなくなるんじゃないかと。
良い結末が一切見えない、1番ダークなカプです。

<もんみき>
上でさんざん語っておきながらこっちのカプも好きっていう。やっだ二股ー浮気ー
みきのひたすらな憧れ。先輩大好き好き好き大好きオーラ全開。
最初は戸惑いつつも、そんなみきをだんだん可愛く思えてきちゃえばいいと思う。
なんだかんだで六年生って全員後輩大好きだよね。

<ざつい+伏>
保健親子。こなもんさんのおひざの上は伏の特等席です。
こなもんパペットできゃっきゃする父と子。その隣で裁縫したり調合したりしてる母。
ただの理想の親子です。ほんわか親子です。ああもう伏可愛すぎるなにあの子ほっぺ可愛いほっぺほっぺ
雑は嫁の不運フラグをすべてへしおるぐらい完璧にこなします。さらっとなんなくこなしてみせます。
忍者に向いてないねーと言いつつ、それがいいところだと認めて、かつ自分もその恩恵を受けてるのだから、
嫁のその長所を最大限にフォローしてあげるのが務めだと思って、さらっとそつなくこなせばいい。
そんなかっこいい男に惚れないわけないだろってことで嫁はめろめろです。

<ざつい←食>
6年間ひたすらに想い続けてればいい。片思い。
報われないのはわかってる。親友ポジションさえ保てていれば幸せ。でも諦めきれない。
隣で寝ている想い人に、いろいろ迷惑もかけられたけど、それよりも愛おしくて愛おしくて、
ただただ見守るしかできないっていう、そんな辛さを卒業まで味わえばいい。
自分にはフラグへし折ることもできないし、技術や能力その他でも一切雑には勝てないから。
好きな人を幸せにできないのわかってるから、卒業まで親友だと思っていてほしいとけなげに思えばいい。

<たかさこ>
たかは普通に可愛いなーとか思ってて、その「可愛い」は子供に対しての可愛いだと思っていたのに、
実はそうじゃなかったというのを突如思い知らされて困ってしまえばいい。
でもその辺は大人の余裕。余裕ぶっこいて一緒に学園に忍び込んでお茶すすってればいい。
さこはツンデレ。というかツンしかない。お茶飲んだらさっさと出て行ってくださいね、みたいな。
でも内心どきどきでずっといてほしいとかむしろ2人になりたい一緒にいておしゃべりしたいとか、
いっぱいしたいしてほしいことがあるのに、絶対に素直にそんな言葉は言えなければいいと思う。
ちなみにそんなさこの悶々はすべてたかにはお見通しだといい。
そんなもだもだしてるさこを可愛いなーって見守って、待っててあげればいいと思う。

<たけくく>
1番ありがちなべーこんれたす的な展開。典型的な友情の延長です。こいつらは。
友達として気があうー仲良しー好きーが、互いに、あれ?あれれ?と赤面していく感じ。
こいつらにシリアスなんて似合わない、ひたすら甘々でギャグしてればいい。
くくはたけの男前で器のでかさとかにきゅんきゅんする乙女になってしまえばいい。
たけはくくのふとした優しさとか笑顔とかそんなのにどきっとしてればいい。
えっなんていう少女マンガ。まじでただのべーこんれたす。ガチすぎる。

<左→作←次>
三年トリオ。すぐどっかいっちゃう2人を必死で探して追いかけてつかまえる苦労人。
いつでもどんなときでも自分を見つけてくれる、絶対見放したりしないって思ったら、
あれ、俺、作のこと好きなんじゃないかって2人とも思ってしまったらいいと思う。
多分高学年になったら方向音痴治るんじゃなかろうか。でも迷ったふりをする。
そうすれば作は自分を探しにきてくれるから。
友情以上恋愛未満ぐらいでも全然おけーな関係。いや3人でにゃんにゃんしててもおいしいけどね

<しょうい>
あれですね、ただの夫婦ですよね。クラスのおとんとおかんですよね。
おかんはひたすらおかんしてればいい。掃除だけじゃなく、みんなを叱ったりとか。
みんなもおかんだと思ってるから、おかんとして甘えたりしてればいい。
おとんはどんと構えて、そんなおかんの頑張りを見守ってればいい。
で、見守りながら、頭の中でどえろえろな妄想してればいい。おとんは変態だと思う。
冷静なんかじゃない。ただのめっちゃ頭の回るムッツリなんですあの人は。
もはや当たり前にくっつきますね、おとんとおかんは。

<きんき>
同室、同郷コンビ。ヘタレ攻大好物ですぺろぺろ。
嫁のほうはすごく人を見るし人への理解とかささっとするし、そういう意味での頭はいい人ですよね。
旦那はただのヘタレで大好きなのに手を出すに出せなくてもだもだして、
それを、嫁はもう気持ちなんて知ってるよと思いつつ、旦那の一歩を待っていればいい。
旦那は何があっても手が出せなくても嫁一筋なので、嫁とするまではDTですええ。
一年カプでは1番好きです。可愛い。

<よしき>
どマイナーなんですけど私的にはアリだと思うのですがそこのところどうなんでしょうか。
先輩かっこいいーできゃっきゃして、よしもなついてくれる後輩可愛いーでいちゃいちゃ。



とまぁこんな感じですかね。
あとは、りこまとか好きですよ。お互いに無いもの補完しあいなカプですよね。
だんぞーがおいしいので絡ませたい。だんさとかだんきりとか。
へーだゆーも可愛いですよねでんへーでんとか。
はちやもすっごい好きなんですけどカプは安定しません。そうにんは無いなって思ってます。
はちやのらいぞーへの感情は天使やアイドルを愛でるようなもので性的なものにはつながらなさそう。
いやまあただの変態なんですけどねはちや。らいぞーハァハァですよね。






で、思うのが、ざつい辺りと又百が交錯するんですよ。
というかrkrnのカプって、結局卒業後は死に別れしか道が無いじゃないですか。
下手すれば互いに殺しあうことだって充分にありえるわけで。
一生2人で仲良く過ごしましょーなんてものがありえない世界なわけで。

又百もそうなんですけど、でも又百とrkrnカプとで私の中で決定的に違うのって、
「転生して幸せになってほしいかほしくないか」なんですよ。

rkrnカプって、転生ネタ多いじゃないですか。
誰が記憶持ってて、誰が持ってなくて、とかそういう話すっごいおいしいと思うし、
その時代に幸せになれないのわかってて、互いに深く想いあってたとしたら、
別な世界で幸せになってほしいって、そう願うのは当然だと思うのですよ。

けど、又百は違う。記憶を持つ持たないにかかわらず、転生はしてほしくない。
一緒に生きることは許されなくて、死ぬまでバラバラで、
でも百が死ぬときは又が迎えにきてくれたわけで、そこで一緒になっておしまいなのです。
あの世で幸せになって、っていう表現もちょっとしっくりこないんですが、
とにかく、幸せになれなかった世での最期がカプの最期なのですよ。
・・・なんか、こっちのが思いいれ強すぎて、うまく表現ができないのですが。





と、ここまで書き連ねてみたんですが、読み返してみてまじで腐女子って気持ち悪いって思ったwww
いや妄想語りとかなにこれって感じじゃないですか。
どこまで作品を汚せば気が済むんだっていうね。

でも、どう思うかって人それぞれだって思うし、
それを人に強制したり無理に薦めたり、また表立って堂々としなければいいと思うのですよ。
まずこの書き方で、一般人が検索して引っかかるとは到底思えないですしね。

自分を擁護するようでなんかアレなんですけど、
本来ヲタ文化はアングラなものであるべきなので、
伏せて表現し発信する分には問題ないと、勝手に思ってます。

思考に関しては叩かれる筋合いは無いと思ってるしね。どう思おうが個人の自由でしょうに。











そんなわけで語りはおしまいです。読んでくださった方、お疲れ様でした。



それではお休みなさい。
週明けから、早起きして通勤時間に車で会社まで走ってみる練習をします。
ここいらの道、すっごい渋滞するんだってさー嫌だなー。通勤にも慣れないと。

拍手

こんばんは。紫遠です。


無事に卒論発表も終わりまして、あれよあれよという間に2月も今日で終わりとなってしまいました。
引越しまであと4日。静岡とさよならまであと4日です。

なんだか文句ばかり言ってたこの地ですが、住めば都とはよく言ったもので、
今振り返ってみれば、どれもいい思い出になったような気がします。


実は今日でインターネット回線が解約となるので、
このブログをPCで、静岡のアパートで更新するのはこれで最後となります。

・・・うーむ、最後っていう言葉は何につけても寂しいもんですね。







そんな静岡からの最後の更新は今日のおでかけについて書こうと思います。






今日は、研究室のとある男子と2人でおでかけしてきました。
その男子オススメの、よく当たるという占い師のもとへ行ってきたのです。

最寄り駅から電車に揺られること1時間。
看板さえ出ていない、つぶれたテナント跡にひっそりとその占いの場所はありました。

占い師は2人いて、それぞれ約1時間ずつ、交互に見てもらいました。
片方は、生年月日や手相、カードで占う、いわゆる「占い師」。
もう片方は、前世やオーラの色、守護霊などを視る、「霊能者」でした。

最初に私は占い師のほう、男子は霊能者のほうに話を聞きに行きました。
ちなみに場所は完全に分かれているので、お互いの話は一切聞こえません。

で、占い師の方から言われたことをまとめると、

<基本的な性格>
・神経質で周りに気を使いすぎてストレスをためがち
・神経質で心配性な分、仕事は正確にきっちりとこなす → 新しい仕事も覚えさえすればうまくできる
・周りに気を使い、尽くす傾向があるので、相手には良く思われることが多い → 対人関係OK
・尽くすタイプなので、いわゆる「だめんず」を捕まえないように注意
・趣味のものをどんどんやるといい。 →ストレス発散&出会い

<恋愛>
・相手は、男らしく面倒見が良い、行動力のあるタイプ
・男らしさで一見とっつきにくいが、話してみると明るい人
・職業は公務員、消防・警察官、職人等の人
・結婚は27歳。25歳ごろに付き合い始める

とからしいです。

ちなみに手相は「あげまん線」「モテ線」があるらしく、やたら褒められました。
「気付いてないだけで、意外と人気者ですよ?」と言われて思わず悩みましたwww

とにかく私は今春からの社会人生活が不安だったので、それを聞いたら、
なんだか特には問題無さそうですよーと言われたので、とりあえずほっとしてます。
あとは「人生の先輩からのアドバイス」的なものをいろいろ言われましたけどwww
うん、頑張りますwwwww


そんな感じで1時間。男子と交代で、今度は霊能者の方に話を伺いました。

席について名前を言い、2,3言会話を交わした途端に、
「あんまり神経質になって考えすぎないほうがいいよ」
と、占い師の方にさんざん言われたことをいきなり言われてびっくりwwwww
あ、あれ、そんな私わかりやすいんですかwwwww

で、いわゆる「運命の相手」というのを見てくれたのですが、
・名前にTかHがつく
・身長は175cmくらい
・ユニクロのシャツを着ている
・眉が太く、目が(阿部サ○ヲさんのような)大きい目をしている
・収入は安定しており、あまり出費をしないタイプ
・出会うのは早くて今年の秋
なんだそうですwww
ちなみに似顔絵も描いてくれたのですが、それはまあ保留でwwww

あと、私の守護霊なんですが、これがちょっとびっくり。
「××という名前のおばあさんで、65歳で脳出血で亡くなっている」
って言われたんですけど、これ、ほぼ私の祖母のお姉さんに当てはまってるんです。
似顔絵もそっくりで、名前も、死因も一緒。 違うのは年齢。70代で亡くなってるんで。
それにしても、初めて会った他人にここまで当てられたのはさすがにゾッとしました・・・
ちなみに私の守護霊さんは「職場恋愛だけはするな」と言ってくれているそうです。
・・・うん、気をつけ・・・る・・・?

さらに私の前世を言ってくれたのですが、
アンジェリーナという名前で、パリの11区に住んでおり、
アナトリーという旦那さんと2人の娘に恵まれ、1918年に亡くなったそうです。
・・・えー私の前世パリジェンヌwwwww

オーラの色は赤なんだそうです。


そんな感じで占いは終了でした。


いやー面白い経験でした。
初めてだったというのもあるんでしょうけど、占い師は心理カウンセラーの延長という認識があった分、
ここまでがっつり「占い」とかをされるとちょっとびっくりですね。

場所もなんとなく覚えたし、連絡先も教わったので、
もし興味のあるテロテとかテロテとかいらっしゃいましたらぜひ一緒に行きましょう。





ちなみに帰りがけ、男子とお別れして水族館に行ってきました。
ちっちゃな水族館で、雰囲気もいい感じ。珍しいものも展示されてたし、とても面白かったです。
残念ながらミズクラゲはいなかったので、テロテは楽しめないかなwwwww
クラゲはカラージェリーしかいなかったので。日本のクラゲですらねえwwwwww
でもご希望とあればカラージェリーの解説もしますよテロテwwwwwwww









恐らく今日のおでかけが、静岡での大学生活最後の思い出になるかと思われます。
・・・ってことは最後に会った研究室の人はその男子かwwwwwwww

その男子の占い結果も非常に気になりますが、聞く機会ももう無いのかなー。
なんていうか・・・新しい良い恋ができるといいね、とだけ言っておこう。












それではおやすみなさい。

さよなら静岡。今度来るときはきっと米米宅襲撃、かな。

拍手

こんばんは。紫遠です。

こちらの更新がすっかり滞ってしまい、見に来てくれる方に大変申し訳なく思ってます。




今週金曜に卒論発表会があります。
スーを着てでびしっと、学科の先生たちや学生たちの前でスライドを使い発表します。
たかが15分。されど15分。


提出する卒論や要旨、そして発表のためのスライドと原稿の作成に、
12月から1月にかけてはだいぶ追われた生活をしておりました。
といっても実験自体は終わっているので、決して忙しくはないのだけれど。

きっとうちの教授が、添削をさっさかしてくれさえすれば、
あんなにも研究室に缶詰な生活を送らなくて済んだのに。


今週も明日からひたすら発表の練習になるかと思われます。
あと4日。ラストスパートです。頑張らなきゃです。
大学生活最後の大仕事。悔いの無いように全力を尽くします。



私たちの班はありがたいことに、表立った衝突も無く順調に進めることができました。
分担作業をする班が多い中、私たちはだいぶ共同作業でした。
先日他の子に指摘されて、改めてこの順調さをありがたいと思いましたね。
我慢してくださってるのかもですが、どうかあと1週間なのでしばしご辛抱頂きたいと思います。





卒論発表会が終われば、もう大学に来なくなる人もいるみたいです。
発表までのカウントダウンは、お別れへのカウントダウンでもあります。

私は今の研究室が非常に気に入ってるので、それが寂しくて仕方ないです。
今週1週間は、ひたすらデジカメでばしゃばしゃ撮りまくる1週間になりそうです。
目的は色紙云々の話だろうに趣味でK先輩ばかり撮りそうでこわいでsげふんげふん






卒論発表会が終わったら、今度は引越しの準備です。
今日、引越し業者からダンボール等の梱包材をいただきました。
このダンボールが余るぐらい、断捨離を頑張ろうと思います。

新しいアパートで必要な物も徐々に買い揃えていかなきゃです。
就活以上に実家とアパートを往復しそうです。うわぁ大変だ・・・


こちらのアパートを引き払うのは3月4日です。
うちに遊びに来るのならぜひお急ぎくださいwww

新居へ引越しが完了したら、仲の良い人たちに新居の住所も教える予定です。
今度の新居は2DKなのでちょっと広め。ぜひ遊びに来てくださいwwwww





ああもう引越しの手続き云々も面倒だし発表の準備も面倒です。
いろいろ負担がかかって頭も心もパンクしそうです。ストレス発散したい・・・。

せめてゆっくり冬アニメのチェックができるくらいに余裕が持ちたいです。
今期アニメのチェック全然出来てない・・・そもそもアニメが見れてない・・・









それではおやすみなさい。

拍手

こんばんは。紫遠です。


1ヶ月近くも更新をサボったまま新年を迎えてしまいました。

今年もどうぞ、このブログともども、よろしくお願いします。






さて。もう七草粥をいただく日を迎えてしまいましたが、
皆様は年末年始、いかがお過ごしだったでしょうか。


私はといいますと。


まずクリスマスは実家で過ごしました。

この春から社会人として働き、また家族と離れて一人暮らしを続行する身としては、
恐らく実家にて家族でゆっくり過ごせるクリスマスは今回が最後だろうと思い、
卒論が忙しい中我侭をきいてもらい、実家に帰りました。

今年もまた例年通り、2日かけて父が腕を振るってごちそうの準備をしてくれ、
また妹もレシピを集めては、はりきって料理を作ってくれました。
毎年好例のごちそう。とっても美味しかったです。



クリスマス後に一旦アパートへ戻り、27日に研究室の大掃除をしました。
比較的、普段からこまめに掃除をしているだろううちの研究室ですが、
この大掃除は予想以上に大掛かりなものとなり、みんなでがっつり掃除しました。
私は棚や机をふいたりする簡単な仕事しかしなかったのですが、
寒い中、外の水道で換気扇を洗ってくれた子や、机下の奥まで床をふいてくれた子もいて、
すごいなー偉いなーと感心しつつ、改めてこの研究室でよかったなーと思ったりもしました。
院生が司令塔として的確に指示と手伝いをしてくれたのもすごかった。感謝感謝。

まあ、がっつり掃除をしてたみんなですが、
「自分ちの大掃除さえままならないのに、なんで研究室なんかやらなきゃならないんだ」
ってぼやく人も、私含めて、いましたけど、ね!



で、大掃除の次の日にはさっさと実家に帰ったわけなんですが、
さらに実家に帰った次の日に、高校のお昼めんばと再会しました。
まさか4年目にして、卒業後に7人全員そろったのが初めてだなんて・・・

とにかく久しぶりなみゆりに対してはなんだか接し方がふわふわで申し訳なかったのですが、
他のみんなとはすごく楽しく過ごせたかなーと思ってます。
みんな相変わらず素敵な方々で。やっぱりこのみんなといると落ち着くなと改めて思いました。
そしてなんでこんなにもテロテを見て、久しぶりだって思わないんだろうとも思ったwww

今度みんなと会うのは春休みですね。
卒業旅行にも行きたいし、何より社会に出て忙しくなる前に思う存分遊んでおきたい!
なんだか春休みになるのが待ち遠しいですwww



あと、この年末年始の帰省にて、ちょくちょく車の練習もしました。
私の相棒、ぱっそさんがお目見えしたので、これは親睦を深めねば、とwww
某センター駐車場で父や姉を乗せてひたすらバック駐車の練習したり、
1時間かけてドライブしてみたりしました。非常に楽しかった!運転楽しい!
年末にはちゃんと手洗いで洗車してあげたしね。今年は大活躍してもらわねば。

このぱっそさんにまつわる事件に関しては、あらかたみんなに話したので、
今更ここで書くこともないかなーと思い、割愛させていただきます。
枸には「根深すぎだろ!」と言われましたが、人を信用できるかって話にもなるので。
それだけ私にとっては大きな事件だったんだってことで、何卒。



そんなこんなでぐだぐだ年末年始を過ごしまして、
一昨日の5日に、研究室再開でございました。
みんなで各地の名産品やらお菓子を持ち寄り、みんなで食べました。
我が茨城からはかんそいも、もとい干しいもを持って行きました。
この冬は暖冬でなかなか干せず、年内に出荷できるか厳しいと言われてたのですが、
なんとか間に合ったようでよかったです。茨城の味、干しいも。大好きだ。

千葉、東京、栃木、群馬、神奈川、静岡、三重、大阪、京都、愛媛、福岡。そして茨城。
これだけ出身地のバリエーションが豊かなとこもそう無いよねwww
どこのお土産もすごく美味しかったです。
さんざんdisられてましたけど、群馬の焼きまんじゅう美味しかったですよwww





とまあこんな感じで、これから卒業に向けて、
卒論や発表も研究も、ぼちぼち頑張らないとです。

さらに平行して、引越しの準備、アパート決めなどもしていかないとです。
アパートは来週末に実家に帰って両親と一緒に行ってきますー。
どんな部屋に住むことになるだろうか。わくわく。











それではお休みなさい。

なんだかこの後部屋にえびとハッチが来るらし・・・い・・・?
いつ来るんだかわからないので、とりあえず温かいお茶でも用意しておこうっと。

拍手

こんにちは。紫遠です。



ぐりやみくしのほうでも、ちょこっと書きましたけど、

長い間お世話になっていた、書道教室の先生が亡くなりました。




亡くなったのはおとといのようで、昨日母から連絡を受けました。

71歳。女性の平均から言えばちょっと早い気がします。





先生は、左半身の動かない人でした。

先生のことを記事にした新聞によると、20歳の頃、突然動かなくなったんだそうです。

ちょっと移動するときには、人の手を借りないといけませんでした。
多くは他の先生が支えましたが、たまに私も支えのお手伝いをしました。
まだ私が子供だったというのもあり、とにかく重かったという覚えがあります。

左足のみ不便なら、壁を使い左手で支えることができますが、
先生は左手も使えないので、壁に肩で支えて、ようやく立てるような状態でした。



そんな先生は、書道の道を志したのは身体が動かなくなってからなのだとか。
動く右手で何かしようと思ったのがきっかけなんだそうです。

だからなのかはわかりませんが、先生の字は教科書のような小奇麗な字ではなく、
大きく、力強く、血が通ってるような、生きてるっていう字でした。

子供が立ててあるさまざまな筆に触って遊んでいるのを見て、
「私の命で遊ばないで」と叱ることもしばしばありました。私も叱られました。

本当に、書道を大切にし、生きがいにしている人でした。




先生は、とても心優しい人でした。

子供のときに私が道端の草花を摘んで先生に渡したところ、ただの雑草なのにとても喜んでくれて、
次の週に教室に行くと、枯れてしおれたその草花がまだ大切に先生の机に置かれており、
「せっかくくれたのにね」と苦笑いしてたのを覚えてます。

親に誘われ何気なく新聞社に投稿した、「喘息に負けない」的な内容の詩を見せると、
おもむろにその詩を自分のノートに書き写し、
涙を流しながら「感動した、ありがとう」と言ってくれました。

中学の美術の授業で、篆刻で自分の名前を彫ったんだという話をすると、
自分の作品に押せるように、と、いかにも高そうな朱肉をプレゼントしてくださいました。

どこかに遊びに行って、お土産を先生に渡したところ、
なぜか5000円札を一筆添えた封筒に入れて私に渡してきて、戸惑ったこともありました。
あの時の5000円札は使えないまま、先生の達筆で書かれた封筒の中に入ったまま実家にあります。

毎年必ず手書きの宛名で、印刷と一緒に一言手書きで添えられた年賀状が届いてました。
書道教室に通う人数はすごく多いだろうに、ちゃんと手書きしてくれる先生はすごいと思ってました。
一方で、先生宛の年賀状は全て、シート状に固定されて教室に展示されてました。
年賀状が来るのが嬉しかったのかなぁって思います。





先生との思い出を書き始めたらきりがありません。


最初教室に通い始めた頃は、どうしたらいいのかわからず、
とりあえず買った用紙にひたすらいっぱい字を書いたら、
「いっぱい書いたね」ってなぜかほめてくれたり。

毎週、がんばったねと言っては飴をくれたり。

上手に書けると、朱墨でこれでもかっていうぐらい大きな花丸をくれたり。

正座のしすぎで足がしびれて動けない私の様子を見て笑ったり。

書初めなど学校の提出課題は、本当に真剣に指導してくれたり。



高校生になって、書道教室が毎週土曜日なため、
高校の模試と重なっては教室に行けない日が続き、
結果、やめることになったわけなんですが。

私がやめること、本当に残念がってくれて。

もし、模試が無く土曜が空いていたなら、続けたかったなって今でも思います。






先生。

先生が字を教えてくれたおかげで、「字が上手」と周りからほめられるようになりました。



先生。

やめてからもう6年以上経ちますが、先生の教室の様子を綺麗に思い出すことができます。



先生。

先生を思い浮かべると、笑顔の先生しか思い出せません。




先生。

身体が弱ってしまっていて、動けない状態だったなんて、知りませんでした。





先生。

先生。



今まで、本当にありがとうございました。


本当に、ありがとうございました。





どうか先生が、向こうでも笑顔でいてくれていること、心から願うばかりです。


どうか、安らかにお眠り下さい。






ありがとうございました。












それでは。あまりにも風が強いせいで今から大学に行くか行くまいか悩み中・・・

拍手

次のページ   ≫
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア






blogram投票ボタン



最新コメント
[12/14 テロテ]
[12/01 たかつき]
[12/01 たかつき]
[11/29 テロテ]
[11/28 すーじー]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
紫遠
年齢:
27
性別:
女性
誕生日:
1989/07/10
職業:
腐女子大生
バーコード
ブログ内検索
カウンター
アクセス解析

Copyright (c)阿呆徒然日記。 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog  Material by Pearl Box  Template by tsukika


忍者ブログ [PR]